タグ: 種類

相続と生命保険について検討する

保険金も相続税の対象となります。死亡を原因として支払われる生命保険や損害保険金がそれに当たります。

生命保険とは被保険者が死亡または、高度の障害状態になったときに
保険金が支払われるというシステムです。

保険金も相続税の対象となります。死亡を原因として
支払われる生命保険や損害保険金がそれに当たります。
被保険者が保険期間中に死亡したときには、死亡保険金が
支払われます。受取人は妻や夫、子供などの
法定相続人を指定していることが普通です。
“相続と生命保険について検討する”の詳細は »

相続と遺産分割はとっても大事な分かれ道

遺産分割協議書という書面に記載されます。この協議書には不動産の相続登記や名義変更、相続税申告書などの提出についても必要となる書面です。

相続が発生すると、相続する財産をめぐってトラブルも
多々起こることがあります。

また相続財産は相続人全員で遺産分割の協議をすることで
共有とされているので、(分割することを
遺産分割と呼びます。)このとき遺言書が残されて
いないのであれば、相続人全員で話し合いを持たなくては
いけません。
“相続と遺産分割はとっても大事な分かれ道”の詳細は »