タグ: 特別

誰が相続人かを分析できる力をつける

相続の手続きをすみやかにしなければなりません。また亡くなった方も、死後に自分の相続で家族がもめることを望んではいなかったでしょう。

■相続できる人は、民法で決まっている
ご家族や親しい方が亡くなったら、寂しくつらいものです。でも、いつまでも嘆き悲しんでいる訳にはいきません。相続の手続きをすみやかにしなければなりません。また亡くなった方も、死後に自分の相続で家族がもめることを望んではいなかったでしょう。実は、故人の財産を相続できる人―相続人は法律によって明確に定められています。では、誰が相続できるのか見ていきましょう。
被相続人(財産を残した故人)の財産を相続できる相続人は、配偶者と故人の血族のみです。
相続人以外の第三者が財産を受け継ぐ場合もあります。それは、遺言に書かれてあった受遺者(じゅいしゃ)、故人と故人の死亡時に発生する贈与契約を結んでいた受贈者(じゅぞうしゃ)です。これは遺言や事前の契約にもとづく特別の場合のみですが、今回はこのような遺言の必要ない一般的な法的相続を取り上げます。
“誰が相続人かを分析できる力をつける”の詳細は »