突然のこと。備えあれば憂いなしです。

先週金曜日の夜、事務所に珍客が飛び込んできました。なんとクワガタ!!

男性スタッフが叫んだので、すかさず「くださいっ!!」そうなんです。

我が家の二男が大の虫好き!!
現在かぶとむしのブリーダーとなっており、20匹近くの幼虫を育てています。
クワガタも~~と申しておりましたが、これ以上黒い虫に占拠されては
私の居場所がなくなりそうで…。

とはいうものの二男の喜ぶ顔が目に浮かび、すかさずお預かりしまして帰宅しました。
案の定、うれしそうに「コクワガタだ!」といいながら、
まずはゼリー、その後おうち作りをせっせとしておりました。
コクワガタさんもおなかがすいていたのか、ゼリーをかかえこんで動かない…。
次に見たときは頭から突っ込んでいました。
しばらく観察させてもらったら、自然に帰そうと話しています。やはり、自由に飛びたいですよね♪

先日、二男の級友のお父様が48歳の若さで亡くなりました。
主人も私も同世代であり、病気はもちろん、ニュースにもありえない事故が多い世の中、
年齢に関係なく、いつ何が起こってもおかしくないと考えさせられました。
人生を終えてしまうと必ず発生する相続手続き、
やはり、遺された家族に余計な負担はかけさせたくないという思いがあります。
常日頃から話し合うことはもちろん、正式な書面にのこすことがベターではありますが、
たとえメモでものこすことで思いが伝わり、いろいろな手続きがスムーズに運ぶはず。

まさに「備えあれば憂いなし」
年に一度でも見直し日を設けて、心がけていきたいと思います。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む