相続税について、かからない財産

相続税がかからない財産は生前に買っておくことで節税出来ます。

墓地や仏壇、祭具等は本来、財産といっても差し支えないものですが、
相続税法では、これらの財産は、その性格上、非課税財産として
相続財産から除かれます。

たとえば、相続時に現金が500万円あれば、その500万円はその他の財産とともに相続財産となりますが、生前にその500万円で墓地と仏壇を購入しておけば、相続財産から現金が500万円減少します。

 

つまり、被相続人の墓地や仏壇などは、相続税法上、生前に用意しておくほうが有利なのです。
ただし、仏壇や仏具が非課税といっても、純金の仏像や仏具など換金性があり豪華なものは、投資を目的としたものであるとみなされ、相続税の課税対象となる場合があるので、注意します。

 

ちなみにその個人に与えられた権利、義務、資格など、一身に専属したものなどは、著作権などの権利を除き、財産とはみなされません。

 

我が家も分家ゆえ、いずれ墓地を購入しなければなりません。
老い先短くなりましたら、購入を考えた方がよさそうですね。

 

たくさんの保険会社からさまざまな個人年金保険が商品化されていますね。 この個人年金保険も受け取り方次第で、相続税の節税に有効です。

たとえば個人年金型死亡保険金を「一時金」で受け取ると、受け取った金額全額が相続財産になりますが、「年金」で受け取ることを選択すると、財産としての評価が下がり、相続財産に入れる金額がさがります。

そろそろ保険の内容も見直さないとですね…。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む