カテゴリー: ここを抑えれば安心の相続のコツ

相続と贈与について私見をのべます

相続税の計算にあたっては、一定の金額が「基礎控除」として正味の遺産から差し引かれますよ

相続や遺贈で取得した財産となるものには、下記のようなものがあります。

動産-現金、預貯金、有価証券など
不動産-土地、家屋・工場など
不動産上にある権利-地上権、借地権など
その他-生命保険契約に関する権利(被相続人が契約者(
=保険料負担者)で、相続開始の時にまだ保険金の支払事由が
発生していない生命保険契約のことです。)、
年金(定期金)に関する権利、「商標」などの営業権など

ただし、保険料を負担している被相続人が契約者でない場合は
「みなし相続財産」となります。
“相続と贈与について私見をのべます”の詳細は »

最新の記事 »