亡くなられた方の戸籍を集める

相続手続きに必要なものとして代表的なものが戸籍謄本です。
戸籍謄本と言っても、1通取得すればいいわけではありません。

亡くなられた方、この方を被相続人(ひそうぞくにん)と言います。
その被相続人のお生まれから亡くなられるまでの連続した戸籍が必要となってきます。

戸籍って1人1通じゃないの?と思われるかもしれませんが、戸籍って、人によって通数はバラバラなんですよ。
戸籍というのは、その方の身分関係を記載しているものなのです。
いつ生まれたか、親は誰か、誰と結婚したか、または離婚したか、子供が生まれた、本籍地を変更した(転籍)、そして、亡くなったということが記載されるものなのです。

時間とお金さえあれば、ご自身で戸籍を取得ことはできます。
ただ、問題があります。
相続手続きには、戸籍だけ集めればいいというのではないのです。
この戸籍に書いている内容を紐解いて、相続人が誰なのかを確定させないといけないのです。その作業がやはり専門家でないと難しいかもしれません。
私たち専門家でも見過ごしてしまいそうになることもあるくらいですから・・・。

«
»
 

トラックバックURL