相続を下の代に引き継げるときとは

子、または兄弟姉妹が相続する場合、代襲相続という制度があります。
代襲相続というのは、本来血族として相続人になるはずだった人が、相続開始以前に死亡していたときなどに、その子や孫が代わって相続人になるという制度です。

例えば、被相続人に子が3人いて、そのうちの1人がすでに死亡していた場合、その死亡したこの子、つまり被相続人からすると孫が、死亡した子に代わって相続人となるのです。

代襲者が(孫)が受ける相続分は、本来相続人(子)が受けるべきであった相続分となります。
すなわち、亡父を代襲して祖父の財産を相続する孫の相続分は、亡父が生存していたとすれば受けていたはずの相続分です。
代襲者(孫)が数人いる場合は、その人数で均等に分けることになります。
さらに、代襲者である孫も死亡していた場合は、孫の子すなわち曾孫(ひまご)が代襲します。
尚、曾孫以下についても同じ扱いになります。
ただし、兄弟姉妹が相続する場合は、再代襲は認められません。
ですので、甥や姪の子が代襲することはできません。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む