生保の相続について知っておきたいこと

生命保険の相続対策

相続財産が自宅とアパートだけといった場合など、遺産のほとんどが不動産で現預金はあまりないと言った場合に相続税を納付しなければならなくなってしまうと、相続税の納付に困ってしまうことがあります。このような場合に、納税資金の対策として生命保険を利用することがあります。 被相続人が生命保険に加入し、受取人を相続人にしておけば、死亡保険金が入ってきますので不動産を売却することなく相続税を支払うことができる場合があります。

生命保険金の場合、500万円に法定相続人の数を乗じた金額は相続税がかからないという税法上のメリットもありますので、うまく使う事により納税資金対策だけでなく、相続税の対策にも有効な場合があります。

知識を有効につかうことで、このようなときに対処できると困ることなく進められます。

横浜で相続のプロとして独立した方です
生命保険金はぶんかつ資金となりますので、そうぞく対策として有効に利用することもできます。
www.souzoku-shien.net

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む