相続と確定申告のことを知っておいてほしい

準確定申告というのをご存知でしょうか?

相続が発生した場合にその年の1月1日から亡くなった日までの
所得税を計算して、申告を行わなくてはいけません。

このときに提出する申告書を「準確定申告」
と言います。
所得税の場合は、通常その年の1月1日から12月31日までの
暦月で発生した所得に対して計算されます。
また翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を
する期間が設けられ、納税をすることになっていますね。

準確定申告の提出期限は相続開始のあったときから
その日の翌日(相続の開始があったことを知った日から)
4か月以内に行わなくてはいけません。
消費税の課税事業者であれば、合わせて消費税を
申告する必要があります。

準確定申告を提出する際には、原則として所得税の
申告書に「死亡した人の平成●年の所得税の
確定申告(兼相続人の代表者指定届け出書)を
死亡した事業者の消費税と地方消費税の確定申告の明細書を
添付することになります。

年が明けてしまい、前年の確定申告提出前に相続の
開始となった場合には、確定申告期限は
準確定申告の提出期限との同様に相続開始があった
ことを知りえた日の翌日から4か月以内が期限です。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む