誰が相続人かを分析できる力をつける

■相続できる人は、民法で決まっている
ご家族や親しい方が亡くなったら、寂しくつらいものです。でも、いつまでも嘆き悲しんでいる訳にはいきません。相続の手続きをすみやかにしなければなりません。また亡くなった方も、死後に自分の相続で家族がもめることを望んではいなかったでしょう。実は、故人の財産を相続できる人―相続人は法律によって明確に定められています。では、誰が相続できるのか見ていきましょう。
被相続人(財産を残した故人)の財産を相続できる相続人は、配偶者と故人の血族のみです。
相続人以外の第三者が財産を受け継ぐ場合もあります。それは、遺言に書かれてあった受遺者(じゅいしゃ)、故人と故人の死亡時に発生する贈与契約を結んでいた受贈者(じゅぞうしゃ)です。これは遺言や事前の契約にもとづく特別の場合のみですが、今回はこのような遺言の必要ない一般的な法的相続を取り上げます。

■相続の順番も決まっている
被相続人に配偶者がいる場合、その配偶者は常に相続人となります。配偶者以外の相続人は、次のように相続順序が決められ下記、第1位より第2、3と該当者がいなければ、順位が降りていきす。

相続手続支援センター川崎駅前では、戸籍解析も受託可能
①第1順位・・・被相続人の子供や孫などの直系卑属*1。子供が他界していたらその孫と代襲相続*2 していく。
*1 嫡出子(婚姻関係から生まれた子)のほか非嫡出子、養子も含む
*2 相続人が相続開始以前に死亡した場合に、そのものに代わって子、孫、ひ孫などの次の代が相続していくこと
②第2順位・・・父母などの直系尊属*3。第1順位の子供がおらず、父母や祖父母が健在とい
う場合。
*3 被相続人の親や祖父母などの近い親等
③第3順位・・・兄弟姉妹またはその代襲相続人。第1・2順位の子供、直系尊属もいない場
合。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む