カテゴリー: ここを抑えれば安心の相続のコツ

遺言執行者ってだれでもなれるのだろうか

相続人間のトラブルを防いだりするためにも、遺言執行者を選任しておいたほうが良いでしょう

遺言執行者とは、遺言の内容通りにことを実現する者のことです。
相続人全員に代わり遺言の内容を実現する者とも言えます。

“遺言執行者ってだれでもなれるのだろうか”の詳細は »

亡くなられた方の戸籍を集める

戸籍を取得するのは、本籍地をおいている市区町村に行って取得する方法と郵送で取得する方法があります。

相続手続きに必要なものとして代表的なものが戸籍謄本です。
戸籍謄本と言っても、1通取得すればいいわけではありません。

“亡くなられた方の戸籍を集める”の詳細は »

遺産が基礎控除を超えた場合は、相続税の申告が必要です

平成27年1月1日から相続税の基礎控除が変わりました。

早いもので、平成27年になって半月経ちました。
“遺産が基礎控除を超えた場合は、相続税の申告が必要です”の詳細は »

相続を下の代に引き継げるときとは

代襲相続は、子と兄弟姉妹では、代襲できる範囲が違ってきます。

子、または兄弟姉妹が相続する場合、代襲相続という制度があります。
代襲相続というのは、本来血族として相続人になるはずだった人が、相続開始以前に死亡していたときなどに、その子や孫が代わって相続人になるという制度です。

例えば、被相続人に子が3人いて、そのうちの1人がすでに死亡していた場合、その死亡したこの子、つまり被相続人からすると孫が、死亡した子に代わって相続人となるのです。
“相続を下の代に引き継げるときとは”の詳細は »

生保の相続について知っておきたいこと

遺産のほとんどが不動産で現預金はあまりないと言った場合に相続税を納付しなければいけないと困ります。

生命保険の相続対策

相続財産が自宅とアパートだけといった場合など、遺産のほとんどが不動産で現預金はあまりないと言った場合に相続税を納付しなければならなくなってしまうと、相続税の納付に困ってしまうことがあります。このような場合に、納税資金の対策として生命保険を利用することがあります。 被相続人が生命保険に加入し、受取人を相続人にしておけば、死亡保険金が入ってきますので不動産を売却することなく相続税を支払うことができる場合があります。
“生保の相続について知っておきたいこと”の詳細は »

相続の手続きについて放棄するとはなんぞや

エンディングノートという良いものがあります。何気ない会話と遺言書の間にあるものではないでしょうか。

身近でも突然の不幸が増えています。
高齢の方が多いなかで、まだまだこれからという方も少なくありません。
私も両親がそれぞれ60代で亡くしました。
若いと希望をもちたいのであまり準備したくないですよね。
“相続の手続きについて放棄するとはなんぞや”の詳細は »

相続と生命保険について検討する

保険金も相続税の対象となります。死亡を原因として支払われる生命保険や損害保険金がそれに当たります。

生命保険とは被保険者が死亡または、高度の障害状態になったときに
保険金が支払われるというシステムです。

保険金も相続税の対象となります。死亡を原因として
支払われる生命保険や損害保険金がそれに当たります。
被保険者が保険期間中に死亡したときには、死亡保険金が
支払われます。受取人は妻や夫、子供などの
法定相続人を指定していることが普通です。
“相続と生命保険について検討する”の詳細は »

実は相続税には控除があります

基礎控除額が高く設定してあるので,相続税を納める 必要のある人は,ほんの少ししかいません

全相続財産額が(5,000万円+1,000万円×相続人の数)
が相続税の基礎控除額となります。(
例:相続人が2人の場合は,5000万円+2000万円=7000万円)

全相続財産額というのは,相続人一人が相続する額ではなく,
故人の相続される全財産のことです。
“実は相続税には控除があります”の詳細は »

相続と確定申告のことを知っておいてほしい

「死亡した人の平成●年の所得税の確定申告(兼相続人の代表者指定届け出書)を死亡した事業者の消費税と地方消費税の確定申告の明細書を添付することになります。

準確定申告というのをご存知でしょうか?
“相続と確定申告のことを知っておいてほしい”の詳細は »

誰が相続人かを分析できる力をつける

相続の手続きをすみやかにしなければなりません。また亡くなった方も、死後に自分の相続で家族がもめることを望んではいなかったでしょう。

■相続できる人は、民法で決まっている
ご家族や親しい方が亡くなったら、寂しくつらいものです。でも、いつまでも嘆き悲しんでいる訳にはいきません。相続の手続きをすみやかにしなければなりません。また亡くなった方も、死後に自分の相続で家族がもめることを望んではいなかったでしょう。実は、故人の財産を相続できる人―相続人は法律によって明確に定められています。では、誰が相続できるのか見ていきましょう。
被相続人(財産を残した故人)の財産を相続できる相続人は、配偶者と故人の血族のみです。
相続人以外の第三者が財産を受け継ぐ場合もあります。それは、遺言に書かれてあった受遺者(じゅいしゃ)、故人と故人の死亡時に発生する贈与契約を結んでいた受贈者(じゅぞうしゃ)です。これは遺言や事前の契約にもとづく特別の場合のみですが、今回はこのような遺言の必要ない一般的な法的相続を取り上げます。
“誰が相続人かを分析できる力をつける”の詳細は »

« 過去の記事