かぶとむしのことで気持ち悪いぞ

今我が家には二男のお友達からいただいたカブトムシファミリーがいます。
日夜卵量産中でして、
飼いだしてから2週間ほどのころ数えましたら、きれいな白い卵が21個ありました…。
さらに2週間後それは幼虫に変化しており、さらに卵が増えると考えると、???
家中幼虫だらけになる!!と気づき、恐ろしくなり、そろそろ里親を探さなくてはと
密かに思案中です。
そんなことも知らずに二男は毎日うっとりしながら、「うめやふやせや」とばかりに観察&飼育に励んでおります…♪かぶとむしの卵たちのその後は…
「土が減っている!!」
ということは…
たくさん腐葉土をたべてすくすくと成長中ということ?!
ありがたいことに二男が見せてくれました。

何度みても「ギョエ~~」となります。

それがたくさんと思っただけで、気絶ものなのですが…。
数日前この子達のお父さんが亡くなりました。
とっても立派な角をもち、革靴にしたいように茶光りしていました。
よく考えるとカブトムシは両親に会えずに育つのですね。

栄養の豊富な腐葉土をたくさんあげなくては!と使命感に燃える今日この頃です。

相続を横浜で遺産分割協議を専門に研究する
横浜で相続の相談ならここだと評判の団体です。いつ電話しても気持ちの良い対応をしますよ。
www.souzoku-shien.net/legacy

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む