相続と固定資産の評価は密接しているんです

家屋の評価とは?

土地に対する固定資産の評価額。
どのように決まっているのでしょうか?

通常は固定資産税評価額と同額で評価します。
その計算方法ですが次のように表します。

家屋の評価額=固定資産税評価額×1.0

固定資産税評価額は市町村役所等で
固定資産税評価証明書を取り寄せれば確認することが可能です。

貸し家の場合の評価はどうしているのでしょう?
貸家は借家権利の割合と賃貸の割合を考慮して
低く評価します。
たとえばアパートのように借家に使われている家屋の場合は
その家屋の固定資産税評価額から、借家権割合と賃貸割合を
乗じた価額を控除して評価額計算を行います。

公式としては次の通りになります。

アパートなど貸家等の建物(家屋)の評価額=
固定資産税評価額×(1-借家権利割合×賃貸割合)

借家の権利については割合が全国一律に定められており
30%と決められています。

賃貸割合とはその借家について相続開始時点で実際に
貸し付けが行われている割合のことです。

●借家権価格方式
借家権の資産価値を算定してその金額を基準に算定する方式です。
路線価×借地権割合(70%前後)×借家権割合(住宅地は30%前後)×賃貸割合 =借家権価格

預貯金について

みなさんの預貯金はこのように計算します。

経過利子を含めた公式を見ていきましょう。

預貯金の評価額=預け入れ高+経過利子の額-源泉所得税額

手筈としては以下の通りです。

①預貯金を預け入れた金融機関で相続開始日現在の
残高証明書を発行してもらう

②その時点の残高を確認する

③相続税の申告書は残高証明書を添付する

経過利子・・・・・・前回の利払い翌日から
日割り計算で支払われる利子のこと。

相続開始の時点で解約した場合の解約利率で
計算されるものです。

定期預金:定期郵便貯金や定額郵便貯金も含みます。
これ以外の普通預金などの預貯金の場合はその相続開始の
残高=預け入れ高によって評価をします。

 

遺産分割の相談相手として相続手続支援センター川崎駅前もある
①土地建物の現物を切り分ける「現物分割」、
②誰かが土地建物を引き取り代償を払っていわば買い取る「代償分割」、
③土地建物を売って代金を分ける「換価分割」の組み合わせです。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む