相続と遺産分割はとっても大事な分かれ道

相続が発生すると、相続する財産をめぐってトラブルも
多々起こることがあります。

また相続財産は相続人全員で遺産分割の協議をすることで
共有とされているので、(分割することを
遺産分割と呼びます。)このとき遺言書が残されて
いないのであれば、相続人全員で話し合いを持たなくては
いけません。

また被相続人の財産や債務を調べていかなくては
いけないことからスタートします。

財産や債務を把握できたら、遺産の種類や各相続人の
その他諸事情、また性質をきちんと把握して分配を協議
する必要があります。

これを遺産分割協議と呼びます。

各相続人は法定相続分を基にして、
自分の権利を主張することは可能ですが、遺産分割は
相続人全員の合意があれば、法定相続分の割合に
かかわらず、自由に行うことができるのです。

注意したいことは、子の遺産分割協議は
相続人全員で行う必要があり、一人でも相続人を
除外して行った分割協議は無効となります。

この協議の内容は、遺産分割協議書という書面に
記載されます。この協議書には不動産の相続登記や
名義変更、相続税申告書などの提出についても必要となる
書面です。

遺産分割協議書の相談で評判の相続手続支援センター川崎駅前
この協議はいつでも行うことができ、共同相続人の協議があまりうまく進まなかったり、
協議そのものが行えなかったりした場合は、家庭裁判所に対して分割の調停や審判を請求することができます。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む