遺言執行者ってだれでもなれるのだろうか

相続人間のトラブルを防いだりするためにも、遺言執行者を選任しておいたほうが良いでしょう

遺言執行者とは、遺言の内容通りにことを実現する者のことです。
相続人全員に代わり遺言の内容を実現する者とも言えます。

“遺言執行者ってだれでもなれるのだろうか”の詳細は »

亡くなられた方の戸籍を集める

戸籍を取得するのは、本籍地をおいている市区町村に行って取得する方法と郵送で取得する方法があります。

相続手続きに必要なものとして代表的なものが戸籍謄本です。
戸籍謄本と言っても、1通取得すればいいわけではありません。

“亡くなられた方の戸籍を集める”の詳細は »

遺産が基礎控除を超えた場合は、相続税の申告が必要です

平成27年1月1日から相続税の基礎控除が変わりました。

早いもので、平成27年になって半月経ちました。
“遺産が基礎控除を超えた場合は、相続税の申告が必要です”の詳細は »

相続を下の代に引き継げるときとは

代襲相続は、子と兄弟姉妹では、代襲できる範囲が違ってきます。

子、または兄弟姉妹が相続する場合、代襲相続という制度があります。
代襲相続というのは、本来血族として相続人になるはずだった人が、相続開始以前に死亡していたときなどに、その子や孫が代わって相続人になるという制度です。

例えば、被相続人に子が3人いて、そのうちの1人がすでに死亡していた場合、その死亡したこの子、つまり被相続人からすると孫が、死亡した子に代わって相続人となるのです。
“相続を下の代に引き継げるときとは”の詳細は »

生保の相続について知っておきたいこと

遺産のほとんどが不動産で現預金はあまりないと言った場合に相続税を納付しなければいけないと困ります。

生命保険の相続対策

相続財産が自宅とアパートだけといった場合など、遺産のほとんどが不動産で現預金はあまりないと言った場合に相続税を納付しなければならなくなってしまうと、相続税の納付に困ってしまうことがあります。このような場合に、納税資金の対策として生命保険を利用することがあります。 被相続人が生命保険に加入し、受取人を相続人にしておけば、死亡保険金が入ってきますので不動産を売却することなく相続税を支払うことができる場合があります。
“生保の相続について知っておきたいこと”の詳細は »

聴く力とは、コミニュケーションにおいて。

親は一生懸命に伝えますが、子は聴いているのか、聴いていないのかわかりません。

子育てをしていると日々いろいろなことが起こります。
楽しいこともたくさんですが、時折悩ましいことも、
親としては、明るく健康でいずれ自立し、社会のお役に立てる子になってほしいとただただ願うばかり。

では親に出来ることは何か。
様々な動物のように、食物をとる術、どんな環境においてもいきぬく術を身に着けるように教えるしかありません。
“聴く力とは、コミニュケーションにおいて。”の詳細は »

パートスタッフみんな集合。パソコンは重要だ

お昼休みは楽しく、仕事もきっちり楽しく充実した時間になるようにしよう。

当事務所は土日も営業していますので、シフト制となっており、スタッフ同志でしばらく会えないことも多々あります。
今日はめずらしくパートスタッフ全員が出勤しました。
お昼休みもめずらしく一緒となり、楽しい昼食会となりました♪
ほとんどが子供がいる主婦ですので、いろいろな発言が飛び出し?!、
大いに笑いました。
“パートスタッフみんな集合。パソコンは重要だ”の詳細は »

相続税について、かからない財産

墓地や仏壇、祭具等は本来、財産といっても差し支えないものですが、相続する財産から除かれます。

相続税がかからない財産は生前に買っておくことで節税出来ます。
“相続税について、かからない財産”の詳細は »

相続の手続きについて放棄するとはなんぞや

エンディングノートという良いものがあります。何気ない会話と遺言書の間にあるものではないでしょうか。

身近でも突然の不幸が増えています。
高齢の方が多いなかで、まだまだこれからという方も少なくありません。
私も両親がそれぞれ60代で亡くしました。
若いと希望をもちたいのであまり準備したくないですよね。
“相続の手続きについて放棄するとはなんぞや”の詳細は »

突然のこと。備えあれば憂いなしです。

遺された家族に余計な負担はかけさせたくないという思いがあります。

先週金曜日の夜、事務所に珍客が飛び込んできました。なんとクワガタ!!
“突然のこと。備えあれば憂いなしです。”の詳細は »

« 過去の記事